メイクブラシで押すだけ!1日1分でほうれい線が目立たなくなる!

ほうれい線で悩んでる、ほうれい線のせいで老けて見られるという女性は多いはず。普段毎日鏡を見てメイクしているのにある日突然お肌に現れるものです。なんとかしないとと思いながらほったらかしているという人が一番多いのではないでしょうか?ほうれい線=消えないものと思っている人も多いですが、手っ取り早く消す方法もあるので知っておくといいでしょう。

そもそもほうれい線の原因は主に加齢が原因です。年を取るとコラーゲンの生成が減少し、お肌はハリや弾力を失いお肌を跳ね返す力が失われていきます。そしてこれ以外にも皮膚のすぐ下にある表情筋は皮膚が支えていますが、年齢と共に衰えてくるのです。もちろん加齢以外にもストレスや睡眠不足、乾燥などによりお肌の状態が悪くなり、ほうれい線がくっきりということが起こりうるのです。出来てしまうと一気に老けた印象を与えてしまうほうれい線ですが、実際どう対処したらいいのかと悩んでいる人も多いですよね。

メイク前にたった1分ケアするだけで改善する方法があるため知っておくといいでしょう。たった1分で何が出来るの?と不安な人も多いですよね。実はただ頬骨を押すだけなんです。それも少しの力で押すことがポイントです。メイクブラシの柄などの少ない力で押すことがいいのですが、メイクブラシを持っていない人はリップブラシやアイライナーなどのペンでもいいでしょう。なぜここを押すだけでリフトアップに成功してほうれい線が目立たなくなるのでしょうか?実は頬骨のあたりに筋肉と骨を繋ぐ柱のようなものがあるんです。その柱がしっかりしていれば頬が垂れることなく、ほうれい線が現れるということがないのです。頬骨のあたりを鍛えることで筋肉を鍛えることが出来るのでほうれい線はもちろん弛み改善にもつながるでしょう。

しかしこの方法は1日1回がベストです。早く改善したがためにやり過ぎはよくありません。シワなどの原因となることもあるため、メイク前に1日1回を限度として行うようにしましょう。何事もやり過ぎはよくありません。メイク前の1分だけに留めておきましょう。

メイクブラシでのマッサージは特に道具もいりませんし、手軽に行えるリフトアップ方法です。まだほうれい線が現れていない人も日頃から頬骨あたりを押しておくことで表情筋の衰え予防にもなります。年を重ねてもハリのあるお肌を目指して行っていくといいですね。ちょっとした努力が未来のお肌を変えるのです。